子どもに読み聞かせる絵本の効果、読み聞かせ、絵本選びのコツは?

スポンサーリンク
子育て

絵本を子どもに読み聞かせることは、一般的によく知られています。
しかし、実際にどんな効果があるのかを理解することで、絵本の重要性をさらに理解できます。
また、読み聞かせのコツを把握することで、この効果を促進できます。

この記事では、絵本の読み聞かせの効果、読み聞かせのコツ、絵本の選び方のコツを紹介します。

この記事は、以下の方々におすすめです。

Check
  • 子育て中の親、保育士、幼稚園教師、小学校教師
  • 子どもたちと接する機会がある人
  • 絵本や絵本を使った教育に興味のある人
株式会社 福音館書店
¥1,100 (2023/06/03 14:57時点 | Amazon調べ)
スポンサーリンク

読み聞かせによる効果は?

絵本は、子どもたちにとって様々な効果があります。以下に、その効果を紹介します。

読み聞かせによる言語習得の促進

絵本を読み聞かせることで、子どもたちは新しい言葉やフレーズを覚えることができます。また、絵本にはリズミカルな言葉遣いや韻を踏むフレーズが多く含まれているため、子どもたちの音感やリズム感も促進されます。

想像力や創造力の育成

絵本には、様々な物語やキャラクターが登場します。子どもたちは、絵本の中の世界に入り込んで、物語やキャラクターをイメージすることで、想像力や創造力を育成することができます。

観察力や集中力の向上

絵本には、細かな描写や詳細な情景が描かれています。子どもたちは、それらをじっくりと見て観察することで、観察力や集中力が向上するとともに、見ることの楽しさを知ることができます。

情操教育の促進

絵本には、倫理や道徳的な価値観を描いたものも多くあります。子どもたちは、そういったストーリーやキャラクターを通して、感情や思考力を育み、道徳的な価値観を学ぶことができます。

親子のコミュニケーションの促進

絵本は、親子で一緒に読むことができる素晴らしいコミュニケーションツールです。絵本を読むことで、親子間のコミュニケーションが促進され、親子の絆を深めることができます。

読み聞かせのコツは?

子どもたちにとって、絵本の読み聞かせは楽しい体験です。そして、言語能力や想像力、情緒面の発達に大きく貢献するものでもあります。そこで、以下のようなコツを実践することで、より良い読み聞かせができるようになります。

事前に読んでみる

読む前に事前に絵本を読んでみましょう。ストーリーや文章のリズム、登場人物や描かれているイラストなどを把握することで、スムーズに読み進めることができます。

話のテンポを調整する

絵本によってストーリーのテンポが異なる場合があります。子どもたちに合わせて、ストーリーのテンポを調整することが大切です。

聞かせる声の大きさやリズムを工夫する

絵本を読む際には、声の大きさやリズムにも注意が必要です。大きな声で読み進める場面もあれば、小さな声で聞かせる場面もあります。また、リズムを工夫して読むことで、子どもたちの注意力を引きつけることができます。

イラストに合わせて指差しする

絵本に描かれているイラストは、子どもたちにとって非常に重要な役割を果たしています。イラストに合わせて、指差しをすることで、子どもたちの注意力を引きつけ、ストーリーを理解する手助けになります。

子どもたちの反応を楽しむ

読み聞かせをする際には、子どもたちの反応を楽しむようにしましょう。子どもたちは、絵本の世界に入り込んで、登場人物たちと一緒に感情移入したり、ストーリー展開に驚いたりすることがあります。子どもたちの反応を受け止めながら、楽しい時間を共有しましょう。

絵本の選び方のコツは?

絵本を選ぶ際には、子どもたちにとって興味を持てる内容や、子どもたちの成長に合わせた内容のものを選ぶことが大切です。以下は、絵本選びのコツです。

年齢に合わせたものを選ぶ

子どもたちの年齢に合った絵本を選ぶことが大切です。年齢に合った絵本を選ぶことで、子どもたちが絵本を理解しやすくなり、興味を持って聞くことができます。

子どもたちの興味関心に合わせたものを選ぶ

子どもたちの興味を引くような内容の絵本を選ぶことで、子どもたちが絵本に興味を持ち、より一層楽しむことができます。例えば、子どもたちが動物が好きな場合には、動物が登場する絵本を選ぶなど、子どもたちの興味に合わせた絵本を選びましょう。

絵本の種類をバラエティー豊かにする

同じ種類の絵本ばかり読み聞かせていると、子どもたちの興味を引くことができなくなる場合があります。そのため、ストーリーの種類やイラストのタッチが違う絵本を選ぶことで、飽きずに楽しめるようになります。

絵本の評価を確認する

絵本には様々な評価があります。子どもたちが楽しめる絵本や、教育的にも効果的な絵本などがあります。そうした評価を確認することで、より適切な絵本を選ぶことができます。

以上の点を踏まえて、子どもたちの興味や年齢に合わせた適切な絵本を選ぶことが大切です。また、図書館や書店などで実際に手に取り、中身を確認することもおすすめです。

まとめ

絵本の読み聞かせは、子どもたちにとって様々な効果があります。
言語習得の促進や想像力、創造力の育成、観察力や集中力の向上、情操教育の促進、親子のコミュニケーションの促進など、多くの効果があります。

また、絵本の読み聞かせには、事前に読んでみる、リズムやイントネーションに気をつける、絵本に合わせた声色や表情を使う、などのコツがあります。

絵本を選ぶ際には、子どもたちの年齢や興味に合わせたものを選び、ストーリーやイラストの質にも注目することが大切です。

少しでも参考になれば幸いです!ではでは。

株式会社 福音館書店
¥1,100 (2023/06/03 14:57時点 | Amazon調べ)

コメント

タイトルとURLをコピーしました